スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャボン玉をはじめたきっかけ

今日は風が強かったですね~!   おまけに暑かった~!

何かもう、初夏を感じさせる一日でした

もうすぐ待ちに待ったGW    (シャボン玉やりまくり宣言

しかしこう毎日風が強いと、GWもちょっと心配です。

まさか風が強くて、GW中一回もシャボン玉が出来なかった何て事に...


今日は私がシャボン玉をはじめたきっかけを、お話しようと思います。

今まで出逢ったほとんどの方に、「なぜシャボン玉をはじめたの?」と

良く聞かれるので、答えた事もありますので

このブログをご覧の方の中には、ご存知の方もいらっしゃると思います。


きっかけは姪っ子のシホちんでした。  (画像クリックで大きく展開します)
シホちん

実家(私の家)に来ては、市販のシャボン玉で良く遊んでいました。


甥っ子とは男同士ですので、キャッチボールやサッカーなどで遊ぶのですが

女の子と遊ぶとなると、中々一緒に遊べる遊びがありません。

やるとなると鬼ごっことかかくれんぼとか、おじさん殺しの走る系の遊びを

やろうと言います。 それを回避する為に、おもちゃを買いに行こう!と言って

気をそらすのですが、良くシャボン玉を買っていました。

シャボン玉なら相手をしなくても一人で遊べるし、『きれいだね~ すごいね~』

などと、適当にあいづちをうっていれば良かったのです。

(今だから言える懺悔の告白、シホちんゴメリンコ! (_≧Д≦)ノ テヘッ!)

そのうち、近所のなっちゃんとも一緒にシャボン玉で遊ぶようになり

恐怖の走る系遊びに付き合わされる事も少なくなり、ホッとしたのでした。


しかしシャボン玉で毎回毎回遊んでいる内に、シホちんが言いました。

もっと大きくて、割れないシャボン玉ないかな~』っと。

私の脳裏に恐怖の戦慄が走りました。 もしかしてシャボン玉に飽きてきた?

毎回やってりゃそりゃそうですよね。 いつも同じ大きさだし、すぐ割れちゃうし。

あっ、あかん! シャボン玉飽きたら絶対また鬼ごっこやろう攻撃が始まる...


よっしゃ 分かった! おっちゃんに任せとけ、調べちゃるから!っと

鬼ごっこをしたくない為に、必死こいてインターネットで調べたのが第一歩です。

大きいシャボン玉の作り方...検索...  おぉ~! あるはあるは

結構色々な人がやってるのね~。 液や道具の作り方も載ってます~。

その中から一番コストのかからなそうな液レシピと、道具を真似て作り

シャボン玉を試してみました。   

おわ~~  でか!  Σ(○д○ノ)ノなんですと!

その時出来たシャボン玉が6・70cm位だったでしょうか。 すぐ割れてしまいましたが。

今ではビックリするほどの大きさではないですが、その時の衝撃(心のトキメキ!)は

大人でも十分すぎるほどの、破壊力でした。

それからは姪っ子そっちのけ、シャボン玉キチガイおやじの完成です。

ひたすら大きいシャボン玉を作るため、日夜液や道具の改良に取り組む日々。

このシャボン玉で直径2.0m位でしょうか。 私と弟は身長176~178cm位あります。
(画像クリックで大きく展開します)
光

2_20110427205510.jpg

このシャボン玉が、今迄で一番大きいシャボン玉だったと思います。
ひもを閉じる前に割れてしまいましたが、割れるギリギリの所で何とか撮影できました。
(画像クリックで大きく展開します) 推定直径2.5~3.0m
3_20110427205509.jpg


子供達はシャボン玉を割るのが大好きです! 大勢の子供達が待ち構えている中

一個一個シャボン玉を作っていたのではラチがあきんません。 しまいには、まだか!

っと子供達からのブーイング!  シャボン玉作るほうのが大変なんだぞ~!ヽ(`Д´)ノ 

そこで、対ちびっ子(破壊神)用リーサルウェポンとして開発したのが
これ(画像クリックで大きく展開します)  泣く子もビビッて更に泣く25連玉!
25連

小さいシャボン玉が無数にいくつもいくつも出来ます。 (題して虹色赤血球!)

ちびっ子リーサルウェポンとして開発したこの25連玉、以外に皆に大うけです。

その上を行く50連玉、ちびっ子がやる用の10連玉、更に小さい子がやる7連玉も

現在配備されています。 (どこに!

しかし25連玉以上は滅多に披露しません。 なぜか! 片付けるのが面倒だから...


そして今は、以前の様に大きなシャボン玉をやる事は無くなりました。(やってないだけ

なぜか。 液を作るのが面倒くさいのとコストがかかるのです。  (>ω<、)

そこで液を作るのが比較的簡単で、コストもあまりかからない現在の液になった訳です。

この液の特徴は、大きなシャボン玉は出来ないけど(それでも直径1.0m以上は出来ます

良く伸びると言う事です。 (画像クリックで大きく展開します)
d.jpg

sin.jpg

当日その場で液が作れて道具も比較的小さくて済むので、小さい子でも扱えます。

このシャボン玉で知らない人同士が集まって、笑顔で楽しんでいる姿を見てるのが

今は一番嬉しいし楽しいです。 休日は家でゴロゴロしていたのが

シャボン玉をやる様になったおかげで、休みの日は外へでる様になったし

本当、きっかけを作ってくれた姪っ子のシホちんには感謝です。


いつかはまた、大きいシャボン玉の液の改良をしたいな~



ブログランキング挑戦中!
下のタグをクリックしてくれると
シャボン玉日記ランキング上がります。
応援よろしくね!
    
にほんブログ村 その他趣味ブログへ


コメント:

管理人のみ閲覧できます - : 2011/05/11 (水) 00:30:49 修正

このコメントは管理人のみ閲覧できます
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。