スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャボン玉 シーズンオフ

いや~ あっちい毎日ですね~

まず最初にお知らせがあります。

長浜もサンビーチもまだ海開きはしていませんが、この暑さで海水浴に来られる方も多くなり

日中は監視塔の建設などで工事もしている様ですので、周りへの迷惑も考え

あとやはり日中の海でのシャボン玉は、熱中症の危険もありますので

これで海でのシャボン玉は、シーズンオフにしたいと思います。CIMG4185.jpg

雨上がりや平日の会社定時後など、人が少ない時には出没するかも...


さて昨日は夕方から、地元の泉公園へ行って来ました。 シャボン玉液の実験に

現在の私のシャボン玉液の材料配分は以下です。

①水          800cc
②洗濯のり       100cc
③グリセリン      50cc
③チャーミー泡の力   100cc     ※液の作り方はこちらをクリック3/19記事参照

これをMandeebq師匠の様な、柔らかそうなシャボン玉液にしたい。
師匠の動画はこちらをクリック (師匠mandeebq編)

動画を見てもらえば分かりますが、師匠のシャボン玉は息を吹き続けるとシャボン玉の中に

ポコポコポコポコ、小さいシャボン玉がいくつも連続して入るんです。


さてどうしようか?と悩んだのですが、新しい材料を加えず

現在の材料配分を、もう一度一から見直そうと思います。

まず材料のそれぞれの役割を簡単にまとめてみます。

①水 (これは必要なので語らず)

②洗濯のり (シャボン玉液の蒸発を抑えてくれます、膜が丈夫になる)

③グリセリン (同じく蒸発を抑えるのと、液の粘性が(トロトロ)が増します)

④チャーミー泡の力 (界面活性剤の働きで、液が膨らみます)

それぞれの役割を考えた場合単純に、シャボン玉を丈夫にする洗濯のりか

グリセリンを減らせば、柔らかくなるのか?っと言う結論に達し

まず①水+③グリセリン+④チャーミーで、実験開始。気温25℃ 湿度45% 

実験① 結果は以下
CIMG4206.jpg
CIMG4259.jpg
CIMG4220.jpg
CIMG4249.jpg
CIMG4252.jpg

あららっ 以外に色も綺麗だし、結構伸びますね~。 

最長約8m  最大(丸くなると)0.75~1.0m  色若干薄い  持続力5~8秒 

ただ明らかに、ちょっと持続力がなくなりましたね~。(湿度も少し低かったですが)

あと柔らかさは今までの液と変わらなかったです。 (lll-ω-)ムムッ

ただもっとすぐに割れちゃうと思ってたので、これはこれで面白い結果でした。

グリセリンの影響が思ってたより大きいのかな? 


んじゃあれか?  グリセリンも入れなければ良いのか?  ってな訳で

①水+④チャーミーで、実験開始~ 

実験②
洗1
洗2
洗3
洗4
洗5
洗6
洗7

これ実はチャーミーの分量計算間違いして、100cc入れる所を80ccしか

入れてなかったんです。 でもこれも意外や意外 結構伸びました。

ただ写真でお分かりいただけるかどうか、さっきより更に虹色が薄く、黄色から透明に

なるのも早くなってしまいました。(黄色⇒透明はシャボン玉がもうすぐ割れるサイン)

最長約5m  最大(丸くなると) 0.75~1.0m  色だいぶ薄い  持続力5~8秒

しかし水と洗剤だけでここまで出来るとは、チャーミー恐るべし

洗剤だけに潜在能力はまだまだ未知数...  (゚Д゚;)エッ 

ただ目標としてる、柔らかいシャボン玉にはなってないな~。


ってな訳で最後に、チャーミーの量だけをUPしてみました。

通常水800ccに対しチャーミー100cc、これを400ccに極端にUPしてみたよ!

結果がこれ.... (lll-ω-)ズーン洗a
洗b
洗c
洗d

最初からほぼ透明か何か逆に白っぽい。膜が厚くなった様な気がする。

持続力なんか1・2秒ですぐ割れちゃうし、全然伸びないし。

洗剤多けりゃ良いってもんでもないんだね~。 ん~勉強になった。(´-ω-`)う~む

今回の実験はここまで。 結果を整理して、また次回計画しま~す。


今回の実験で分かった事(目標とは別に)は、洗濯のりとグリセリンを使わなくても

水とチャーミーだけでも、十分シャボン玉としては遊べるなっと言う事。

今まで一緒にシャボン玉をやった事のある方には、物足りないかも知れませんが

初めて大きいシャボン玉をやる方でも、十分衝撃的だと思いますよ。

材料が少ないからコストも安いし、合成物が少ない分安全性も若干UP。

※チャーミーを使ってるから、完全に安全ではないですが。

ぜひ試してみて下さい。

今回の実験で試したシャボン玉液の材料の配分は以下です。

実験①  水800cc+グリセリン50cc+チャーミー泡の力(オレンジ)100cc

実験②  水800cc+チャーミー泡の力(オレンジ)80cc


※シャボン玉の大きさや長さは、その時の気温・湿度・風の強さ・シャボン玉を
 
 飛ばす技術で差が出ますので、ご了承下さい。
 


最後に... 

ご紹介しているシャボン玉液は、素人が配合して作ったものです。

洗濯のりやチャーミー(合成洗剤)は、元々シャボン玉の材料ではありませんし

顔や目に付いて良いものでもありませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。

また小さいお子さんとシャボン玉をする場合には、特に大人の方が十分注意して

見てあげてください。

シャボン玉で遊んだ後は、出来ればぬるま湯でしつこいくらい手洗い洗顔をして下さい。

「よく手洗い洗顔して下さいね」と言っても、ちょっと洗った位で帰られる方が

いらっしゃいます。 洗い残しがあると後でカピカピになったり、肌がヒリヒリする

事がありますので、ヌルヌルが取れるまで良く洗ってくださいね。





ブログランキング挑戦中!
良かったら下のシャボン玉をクリックして下さい。
シャボン玉日記のポイントがUPします!
    

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ





コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。